読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怠け者は今日も眠る

-ディスポエマーの日常-

6/7

日記は(なるべく)毎日続けることに意味がある。

しかしちょっと油断すると本当にすぐ忘れるな。まあ別に誰も損しないと思うから良いけど。

どうでもいいんだけど、ことポップスにおいて曲に命を吹き込むのは歌詞だと思っている。

曲だけある状態で、乗ってる詞が良いか悪いかで曲の良し悪しは変わると思う。

どんなクソなトラックでも歌詞が良ければそれなりに聞こえる場合が多い気がする。

自分で作ってて曲の方で手を抜いたことが無いので何とも言えないけど。

 

いや、そんなことないか。

昔手を抜いたトラック作ったことあったわ。

そしてそれはやはり誰に聞かせてもイマイチと言われた気がするわ。

曲はいい曲ってよく言われるのに。

 

細部に神は宿るって言うけど、やっぱりどの行程も手を抜いちゃいかんのだなぁ。

アレンジが良ければ随分印象変わるっていうのもある気がするし。

「この曲はそんなに良くないなあ」と思う曲をアレンジでどこまで持って行けるかというのはやはり試してみたい。

 

全く関係ないけど毎週火曜日は近所の中華屋の担々麺が半額。

そしてフリースタイルダンジョンがAbemaTVで放送される。

割とそれを楽しみに生き延びてる節がある。

 

フリースタイルダンジョンと言えばこの間新宿で若者の投票を促すフリースタイルラップイベントが行われたそうだ。

若者よ、投票へ行こう!18歳から投票が出来るぜ!的なイベントを、今若者に大人気のフリースタイルラップのヒーロー達を呼んで行ったわけですね。

 

これをTwitterで幻滅した、と語ってる方がおりまして、一般的な言葉で説明すると、恐らく「セルアウトだ」であったり、「アンダーグラウンドで活躍するやつらが権威主義に負けた」であったりという批判になったのではないかと。

 

僕も大分フリースタイルブームにハマってる人間なのでそれこそ動画とかめっちゃ見てます。

セルアウトって言葉があるくらいだからヒップホップの皆さんは売名行為とかが嫌いなのかなあ。

まあでも、アンダーグラウンドだって言うくらいだから反体制なんだろうし、今の世の中には変わって欲しいって思ってるわけでしょう。

だったら若者の投票によって何かが変わるかもって思って協力したって考え方もあるわけで、別にそんなに批判とかしなくてもいいのになあと僕は思ったわけです。

 

共通の敵を倒す為に同盟を組むのなんて、当たり前のことですからね。

どうなって欲しかったんだろう。行政主導のイベントに参加せずに投票を呼びかけてたらそれはそれで怒るんだろうか。

 

人それぞれですから、行き過ぎなければそういう批判ももちろん良いですけどね。

今日のフリースタイルダンジョンは誰が出てくるんだろうか。

 

ではまた。

アディオス。

広告を非表示にする