怠け者は今日も眠る

-ディスポエマーの日常-

6/13

日記は(なるべく)毎日続けることに意味がある。

週末は遊び呆けておったとさ。

今朝帰宅したんだけど雨風がほんとにひどくて天気にキレてしまった。

傘さしてるのに下から入り込むような感じでやつらが攻めてきやがる。

ふざけんなクソがとか普通に声に出して言ってしまった。

 

人とお酒を飲むと量が増える。

恐らくその場が楽しく、しかも持続するからなんだろう。

1人で飲んでいる時はそろそろ寝るか、とかお腹いっぱいだな、とかでやめてしまうところが人と話していると終わりがやって来ない。

故に、酒量が増え、酔いが深まり、寝て起きてもまだ酔ってるとかなるわけだ。

たまには良いでしょう。

 

6月ももう半分と思うと、結構恐ろしくなる。

あっという間に春が終わった。夏もきっとあっという間に終わってしまう。

今年の夏は何が出来るだろうか。

花火は見たいが花火大会には行きたくない。だって人がゴミのようだから。

花火を目前で見ることと、あの人混みに参戦することが等価交換とはとても思えない。

お酒飲みたいけどトイレの行列とかどう考えてもおかしい。

浴衣の女性とデェトしたい気持ちはある。

 

夏が好きな人というのは何が好きなんだろう?

以前大学の後輩が「暑いと嬉しくなる」とか言っててこいつの前世は飛んで火に入った夏の虫だったんだろうなと思った。

ビアガーデン?甲子園?

まあ確かに暑い中エアコン効いた部屋でグダグダするのは嫌いじゃないけど。

甲子園もイイヨネ。あのちょっと下手なところがいいんだよな。

ドラマが産まれやすいわけです。

まあテレビも無ければ野球も特に好きではないので見ないんですけど。

皆が認める国民的ドラマチックスポーツであるところの高校野球の裏側に超体育会系な人間関係が功名に隠れてるのとか、考えるだけでちょっとげんなりしてしまうなあ。

 

ところでJacob Collierくんヤバいよね。

 

www.youtube.com

 

超・素晴らしい。

 

一昨日高校の同級生かつ画家というバンドでギターを弾くナイスガイ、タコウくんとお酒を飲み、この曲を聴いた時は久々にウホウホしちゃったね。

Jacobくんの存在は知ってたしすごいと思ってたけど、コレはちょっと異常。

ポップスってジャンルじゃなくて属性っていうのが持論なんだけど、彼はそれを地でいっている。

僕ももっと、ポップスという枠の中で音楽的な挑戦をしていかねばと思ったのでした。

 

次の音源はメッセージ性を削って、しっかり音楽したものを作りたいなと思います。

頑張ろうぜ俺。

では今日はこの辺で。

広告を非表示にする