怠け者は今日も眠る

-ディスポエマーの日常-

7/27

日記は(なるべく)毎日続けることに意味がある。

梅雨はいつになったら終わるのか。九州の方はもう明けたと聞くけどどうなのか。

先週末はフジロッカー達のリア充アピールを特に何の感慨も無しに眺めつつ、土曜は動画の撮影、日曜はサポートでライブをして参りました。

この調子でぬるぬると活動していきたい。

 

7月が終わろうとしているが、目標だったカバー2曲はとりあえずどうにかなりそう。

CD50枚は・・・人と会わないから結構無理だった。

たまに売れるけど、そもそも機会を作っていない以上期待しているほど売れるわけはない。

来月からもぬるぬると販売していこう。ぬるぬると。

 

社会との接点の無さに少しずつ慣れて来ている自分がいる。

これはこれできっと今しか味わえない感覚だと思ってポジティブに受け止めていきたい。

マジで何か用事無いと人と会うこと無いし、誰からも連絡が入らない。

言ってみればこれは自由の一種なわけだけど、こんなの誰も欲しがらないだろうなとも思う。

それなりの制約を受けながらも享受出来る余暇を可能な限り増やしたい、という気持ちを込めて一般に「自由になりたい」って言うんだろうな。

大体暇があっても一緒に遊ぶ人とかいなきゃやることなんてあんま無いっすよ。

やっぱり結局は付き合う人間なんだよなぁ。

 

最近ベルセルク読みました。

読まなきゃならんと思ってた未読漫画ランキング第一位。

最初の方はそんな言うほど面白くなくない?とか思ってたけど、読んでくうちにどんどん面白くなってきました。

今の色んな漫画もきっと影響を受けているんだろうなと思った。

画力もすごいけど個人的にすげーなと思うのは、話がずっと続いてる感じがすること。

38巻まで来てるのに、飽きが来ずにずっと続きが気になっていられる。

読み疲れが来ないんだよね。

○○編とかって銘打ってるけど結局は一つの話をずーーーっと描き続けてて、それに読者がずっとついてくるってすごいことだと思う。

 

逆にハンターハンターなんかは、○○編が終わるごとに一応話に一段落がついてて、読了感がある。

けど、その一つ一つの○○編が圧倒的に面白い。

話の作り方にも色々あるんだなぁと思いました(小並感)。

 

最近は生姜焼き用の豚肉を買ってきて、大葉、スライスのチェダーチーズ半分、梅肉を乗せて巻き、片栗粉をまぶして焼いたものを醤油・酒・砂糖・みりんで味付けしたものにどハマりしている。

作るのも楽だし、洗い物もあまり出ないし、しかもうまい。

酒のつまみにもおかずにもマジで最適。超うまい。そして1人でそれを食って酒を飲み漫画を読んでいる。

誰かに作ってあげたい。そして食べてうまいと言って欲しい。

そんな気持ちももちろんあるヨ。まあきっといつか実現するよネ。エヘヘ。

 

最近はそんな感じです。

ではまた。

広告を非表示にする